杏z学習帳
Swiftを中心にFlutterやらUnityなどに手を出してます

Keychron K2 キーボード購入しました(2020/07/09)

Keychron K2 キーボード購入しました

今までは Taptek を使っていました。
コンパクトですし、初めてのメカニカルキーボードということもあって他と比べることもなく快適に使っていたのですが、
ある日から何重にも入力されてしまう現象が発生してしまうようになっていました。
僕の場合は j b n など。
さらに最近からは g が逆に反応しなくなるというトラブルも追加されて、新しくキーボードを購入しようと探していたところ出会ったのが、

Keychron K2 でした。

Keychron K2

Keychron K2キーボード 茶軸

実際に購入したのは

です。 本当は White Backlight が欲しかったのですが、僕が購入するときは売り切れで、というかアルミフレームしなかったです。(今確認したらいずれも在庫が復活してるっぽいですね)
アルミフレームは若干フレームが厚くなっているのが不満なのですよね。
その所為だけではないのですが Taptek よりすこしだけ大きいです。

軸は Taptek が独自の青軸(記憶違いでなければ)だったと思うので、青以外にしようと赤か茶でまよったのですが、いきなり真逆(?)の赤にいくと感触が違いすぎて戸惑うかもしれないとおもって茶軸に。
(そんなこだわりがないので軸はなんでも慣れれば問題ない鈍感さを持っているとは思うのですが😇)
個人的にはこのキータッチの感触はとても気に入っています。
Taptek に不満があったわけではないですが、やっぱり感触全然ちがいますね(笑)
Taptek はすごく機械的というか「カチッ!」みたいな軽くてスイッチっぽい感触で、Keychron K2 は「スコっ」っていう感じでキーボードだなー(意味不明)っていうのが初感でした。
どっちが好きというのはあまりないですが...どっちも違っていて楽しい。ちゃんとキー入力させされれば
次回購入するときは赤軸にしたいですね(触ってみたい)

Taptek から Keychron K2 に変えて最も戸惑ったものは、キーボードの厚さ(高さ?)です。
Keychron K2 は Taptek より結構厚いのではないかな。(感覚的にはだいぶ違う)
その所為もあって、普通につかっていると手首が辛くなりました。
パームレストを追加で購入してこの問題は解決しましたが。。今使っているものと厚さを比較するのは大事だなと学びました。
たしか Keychron もパームレスト販売していたかと思うのでセットで購入するべきでしたね。
パームレストだけのために海外から購入するのはさすがに無理だったので、FILCO のパームレストを使っています。

FILCO

実は Keychron K2 と FILCO で迷っていたのです。今回パームレストを追加購入した様に FILCO は付属品もそれなりにありましたし。
でも最終的に、パッと見のデザインが Keychron K2 のほうが好みかなということでなくなく FILCO は諦めました。
次回はきっと。。

HHKB とか Realforce とかは、キーボード界隈(?)にうとい僕でも知っていたのでなんとなく選択肢から外していました(なぞのメジャー選ばない志向)

クーポン

今回 Keychron K2 キーボードを購入したことで何かクーポンというかちょっと値引きされるリンクが発行されたので、貼っておきます。
気になった方は下のリンクから購入すると 10% 安くなるみたいです。(いつまで有効なのかはわかりませんが)

Gift your friends 10% off! You'll get 10% off when they use your link to buy at Keychron | Wireless Mechanical Keyboards for Mac, Windows.

参考